FC2ブログ
プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

新製品リスト  LEGO新製品2H2019  LEGO全般  LEGO新製品1H2019  セール  LEGOテクニック  組立編  レビュー1999  スポーツカー  8448  チラ裏  LEGO新製品2H2018  LEGO新製品1H2018  LEGO新製品2H2017  21309  レビュー2H2017  スペースクラフト  LEGOアイデア  LEGO新製品1H2017  テクニック新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品2H2016  概要編  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ショベルカー  42053  ニューマチック  ヘリコプター  42052  レビュー1H2016  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  42043  トラック  レビュー2H2015  クレーン  ダンプ  LEGO新製品2H2015  42020  レビュー1H2014  潜水艦  60092  LEGOシティ  テクニック新製品2H2015  LEGO-NEWS  公式web情報  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  SUV  42039  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  レビュー2H2014  10242  乗用車  LEGOクリエイター  ログハンドラー  レビュー1H2011  8069  アーティキュレート  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  リモコン  AWD  42030  ホイールローダー  8043  トラックローダー  クローラー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  70814  ロボット  LEGOムービー  四輪駆動車  8110  レビュー2H2011  42025  改造  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  42000  レーストラック  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 42025 A レビュー(可動部編A)


LEGO 42025 A カーゴプレーン / Cargo Plane

 42025のAモデル、カーゴプレーンの可動部編です。
 プロペラ、前後カーゴベイ開閉、ランディングギア出し入れの4操作がPFモータによる電動可動部です。
 その他に動翼を手動で動かせますが、操縦桿みたいなスティックで操作するので気分はパイロットです。


Aモデル:操作方法
 操作レバー類は全部で5本。動力出力先切替用に2本、動翼操作用に2本、電源スイッチ用に1本です。
 レバーを倒す方向とそれに対応する動作は以下の通りです。
LEGO 42025A 操作方法 モータ動力の出力先切替
  1:後部カーゴベイ
  2:プロペラ
  3:ランディングギア
  4:機首カーゴベイ
 動翼操作
  5:エルロン操作
  6:エレベータ操作
  7:フラップ操作
 電源スイッチ操作
  8:電源ON-OFF


 続いて、可動部の操作を見ていきます。
 まずは電動可動部の4箇所です。使用するレバーは主翼すぐ後ろの左右に並んだ2本の動力切替用のレバーと、主翼と直前にある電源スイッチ用のレバーです。


Aモデル:後部カーゴベイ開閉
LEGO 42025A 後部カーゴベイ開 右側の動力切替レバーを前へ倒し、電源レバーを前に入れると後部カーゴベイが開きます。
 この扉は開いた時には機内へ出入りする際のスロープ(ランプ)になります。
(写真にマウスポインタを載せるとカーゴベイ閉)


Aモデル:プロペラ回転
LEGO 42025A プロペラ回転 先程の切替レバーを後ろに倒して電源レバーを前に入れるとプロペラが回転します。この時、左右のプロペラは互いに逆回転しています。
 インスト通りに組み、箱絵をじっくりと見ましたがこの動きで正解のようです。
 ついでに色々調べてみましたが多発機でプロペラの回転方向を変えるのは少数派のようで、多くは同じ回転方向のようです。
(写真にマウスポインタを載せるとプロペラ停止)


Aモデル:ランディングギア出し入れ
LEGO 42025A ランディングギア操作 動力切替レバーの左側に移ります。
 レバーを前に倒し、電源レバーを後ろに倒すとランディングギアの展開です。
 ギアカバーが開いて、車輪が降りてきます。

LEGO 42025A ランディングギアダウン 見にくいのでひっくり返してみました。
 着陸用の脚は前に1本(前脚)、胴体中央部に2本(主脚)あり、3本同時に出し入れするようになっています。
 主脚にはカバーが付いていてこれも脚の動きに同期して開閉するようになっています。
 
(写真にマウスポインタを載せるとランディングギア格納)


Aモデル:機首カーゴベイ開閉
LEGO 42025A 機首カーゴペイ開 左側の切替レバーを後ろに倒し、電源レバーを前に入れると機首カーゴベイが開きます。
 機構的には面白いのですが、コクピットもろとも機首部が動いていくので中のモノが散らかりそうです。
 
(写真にマウスポインタを載せるとカーゴベイ閉)


 次は手動可動部です。
 手動で動くところは3つの動翼です。使用するレバーは機体後部のものと、動力切替レバーのすぐ後ろのものです。
 機体後部にあるスティック状のレバーは前後左右に動き、実機の操縦桿と同じようにエルロン、ラダーを操作可能です。


Aモデル:エルロン
LEGO 42025A エルロン操作(左ロール) ではエルロンから行ってみましょう。
 スティックを左右に傾けると主翼外側にあるエルロンが動きます。エルロンは左右一対で互いに逆方向に動き、左が上がれば右が下がるといった動きをします。
 エルロンが下がった方の主翼は揚力が増え浮き上がろうとします。反対側の主翼は逆に下がろうとします。その結果機体は傾き始め、進行方向を軸とした回転(ロール)を始めます。
 左写真の場合、機体は進行方向に向かって反時計回りに回転します。
(写真にマウスポインタを載せるとエルロン反転)


Aモデル:エレベータ
LEGO 42025A エレベータ操作(機首上げ) スティックを前後に傾けると水平尾翼にあるエレベータが動きます。エレベータはエルロンとは異なり左右とも同じように動きます。
 エレベータが上がると水平尾翼の下向き揚力が増え、機体後部は下がろうとします。重心は通常機体の中心付近にあり、ここを支点としたシーソーのように機体後部が下がれば機首が上がります。
(写真にマウスポインタを載せるとエレベータ下げ)
LEGO 42025A 動翼操作-1 エルロンとエレベータを同時に動かしました。
 最初はスティックを右後ろに引いています。
 この状態では右にロールをしながら機首は上を向いていきます。
 写真にマウスポインタを置くと動翼が逆位置になります。スティックを左前に押し込んだ状態で左にロールしながら機首が下を向いていくという状態になります。
 
(写真にマウスポインタを載せると動翼反転)


Aモデル:フラップ
LEGO 42025A フラップ展開 3つ目の動翼はフラップです。
 離着陸の低速時には揚力が低下するためそれを補うために使用します。
 通常飛行時には主翼の一部として収納されているフラップを引き出すと、翼曲線の変化、翼面積の増大、翼面気流の制御などの効果により揚力が増え、低速飛行時の揚力不足を補うことができるようになります。
 飛行機に乗ったときに主翼からちょっと後ろの窓側に座るとフラップやエルロンなどの動きがよく見えて楽しいです(多分少数派)。
(写真にマウスポインタを載せるとフラップ格納)
 
 色々と動く箇所があって楽しい飛行機です。
 贅沢をいえばラダー(方向舵)と電池BOXが残念。ラダーが付いていて電池BOXの取り出しがもっと簡単だったら言うこと無しだと思います。それと、機首カーゴベイから貨物のように電池BOXを取り出せたら...
 ま、あと少しで完璧だったのに!っていう程度で、好印象であることには変わりません。思った以上に遊べるモデルでした。


 関連記事
  A,Bモデル共通
  2014.02.11 : LEGO 42025 レビュー(概要編)

  Aモデル カーゴプレーン / Cargo Plane
  2014.01.19 : LEGO 42025 A レビュー(組立編A)
  2014.01.20 : LEGO 42025 A レビュー(可動部編A)   Here!
  2014.02.01 : LEGO 42025 A レビュー(機構編A-1)
  2014.02.04 : LEGO 42025 A レビュー(機構編A-2)
  2014.01.26 : LEGO 42025 A レビュー(外観編A)

  Bモデル ホバークラフト / Hovercraft
  2014.02.09 : LEGO 42025 B レビュー(組立編B)
  2014.02.13 : LEGO 42025 B レビュー(可動部編B)
  2014.02.22 : LEGO 42025 B レビュー(機構編B)
  2014.02.15 : LEGO 42025 B レビュー(外観編B)
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。

タグ: LEGOテクニック レビュー1H2014 42025 可動部編 飛行機 モーター

Comment

豆は栄養があるんだ(意味不明)

列から離れて機体そばまでいくなんて、大胆w
で、その成果はありました?

Bモデルはガラリと変化しますね。こんなに様変わりするBモデルは久しぶりじゃないでしょうか。
タイヤの制約なく自由に作るとBモデルもカッコよくなるんだなぁと思いました。
タイヤがあると車以外のものにはなれないですからね。
Bモデルの写真が出てくるまでは絶対オプスレイだろと思ってたので良い意味で裏切られました。

Bモデルで遊び倒したらぜひAモデルも。
自分は写真のイメージでは輸送機にしては少しスマートかなと思ってたのですが、作ってみたら実にいい感じでした。全長、全幅、胴体の太さのバランスが絶妙、双発のハーキュリーズだ!と思いましたよ。
組み上げてマッコイじいさん(又はプーキー)を気取るのもおススメ。

No title

窓側に座る理由には「同感」です!
23年前に仕事でB747'400をモデリング(CG関係やってます)している最中に社員旅行があり、飛行機に乗る際、空港のエプロンから乗る機会があって、近くで見たくて列からはみ出て翼の下に潜ったら注意されたのを思い出しました。w

このセットはBモデルの方が格好いい(俺だけ?)と思って購入し、Bモデルから作りましたよ。
でも、シール貼らないと「ちょっと寂しい」って感じでしたね。
流石にBモデルだけあってパーツの余りもかなり多めな感じ。

Aモデルの方が、機構的にも楽しそうだなぁ~。
ラダーが再現されていないのが残念だけど。
Bモデルだけで終わろうと思ってたけど、バラしてAも作ろうかな。

それにしても、Aモデル後部のスカスカ感には驚きです。w
非公開コメント