FC2ブログ
プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

新製品リスト  LEGO新製品2H2019  LEGO全般  LEGO新製品1H2019  セール  LEGOテクニック  組立編  レビュー1999  スポーツカー  8448  チラ裏  LEGO新製品2H2018  LEGO新製品1H2018  LEGO新製品2H2017  21309  レビュー2H2017  スペースクラフト  LEGOアイデア  LEGO新製品1H2017  テクニック新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品2H2016  概要編  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ショベルカー  42053  ニューマチック  ヘリコプター  42052  レビュー1H2016  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  42043  トラック  レビュー2H2015  クレーン  ダンプ  LEGO新製品2H2015  42020  レビュー1H2014  潜水艦  60092  LEGOシティ  テクニック新製品2H2015  LEGO-NEWS  公式web情報  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  SUV  42039  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  レビュー2H2014  10242  乗用車  LEGOクリエイター  ログハンドラー  レビュー1H2011  8069  アーティキュレート  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  リモコン  AWD  42030  ホイールローダー  8043  トラックローダー  クローラー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  70814  ロボット  LEGOムービー  四輪駆動車  8110  レビュー2H2011  42025  改造  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  42000  レーストラック  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 42025 A レビュー(機構編A-1)


LEGO 42025 A カーゴプレーン / Cargo Plane

 42025のAモデル、カーゴプレーンの機構編-1です。
 胴体各部とプロペラの可動を電動で、動翼の操作を手動で行っています。
 42025Aモデルの機構編は2回に分け、今回は電動可動部の紹介をいたします。


Aモデル:内部構造
LEGO 42025A 動力切替部 42025AモデルはPF:Mモーター1つで4箇所の可動部を駆動していて、動かしたい場所の選択は機体の背中にある2本のレバーで行います。
 左写真赤丸部にその切替レバーがあり、その下にMモーターとギヤが配置されています。

LEGO 42025A 動力系統図(電動部全体) 主翼や一部の構造材を取外し、モーターと動力切替機構部を見えるようにしてみました。
 色付の線は動力の伝わる経路で上写真のレバー位置の数字、色と対応しています。動力伝達先は次のようになっています。
 1.後部カーゴベイ開閉
 2.プロペラ回
 3.ランディングギア出し入れ
 4.機首カーゴベイ開閉
 M.動力源


Aモデル:後部カーゴベイ開閉
LEGO 42025A 動力系統図(後部カーゴベイ1) では、電動可動部4箇所をそれぞれ詳しく見ていきましょう。 まずは後部カーゴベイの開閉です。
 機体右側レバーを前方に倒すと赤いリングが後方に動き、直後のギヤと噛みあって桃色の経路で後部カーゴベイまで動力が伝わるようになります。

LEGO 42025A 動力系統図(後部カーゴベイ2) 動力は機体天井内を伝わって、機体右側面まで来てから後方に向かいます。その先にはカーゴベイを動かすLA(小)があります。
 写真中の文字Aは上の写真と同じ位置にあるギアを示しています。

LEGO 42025A 後部カーゴベイ開 LA(小)の伸縮動作でカーゴベイが上下に開閉します。


Aモデル:プロペラ回転
LEGO 42025A 動力系統図(プロペラ1) 次はプロペラの回転です。
 右側レバーを後ろに倒すと赤いリングが前方に動き、直前のギヤと噛みあって黄色の経路でプロペラまで動力が伝わるようになります。
 動力は途中で分岐して左右のプロペラに伝わっていきます。

LEGO 42025A 動力系統図(プロペラ2) 機首側から見た図です。二手に分かれた動力はそれぞれ左右のプロペラを回します。回転方向は互いに逆向きになっています。

LEGO 42025A プロペラ安全装置 さて、プロペラの動力経路の途中にあれっ?と思うような組み方をしているところがありました。赤丸部のところで左右それぞれの主翼内にあります。
 これは一体なんなのでしょうか?

LEGO 42025A プロペラ安全装置構造 バラしてみるとこのようになっています。
 写真右が胴体、左がエンジン側です。赤いパイプ状部品に青いピンで軸が接続されています。
 ここは一種の安全装置になっていてプロペラに大きな力が加わるとこの部分で空回りしてギヤを保護するようになっているのですね。簡易的なクラッチギヤの役割をしているといってもいいでしょう。
 負荷がかからない可動部の保護のためには簡単で有効な構造だと感心しました。

LEGO 42025A プロペラ回転 と、このような経路でプロペラは回転します。
 左の写真にマウスポインタを乗せたり外したりするとプロペラが回っているように見えます。目の錯覚不思議。
(写真にマウスポインタを載せるとプロペラ停止)


Aモデル:ランディングギア出し入れ
LEGO 42025A 動力系統図(ランディングギア1) 続いてランディングギアの出し入れです。
 左側レバーを前方に倒すと赤いリングが後方に動き、直後のギヤと噛みあって緑色の経路で3つのランディングギアまで動力が伝わるようになります。  

LEGO 42025A 動力系統図(ランディングギア2) 機体の角度を変えて側面と底面が見えるようにしました。動力は天井内→左側面→底面と伝わっていきます。
 動力は途中で分岐して左主脚、前脚、右主脚の3箇所にあるそれぞれのLA(小)へと伝わっていきます。

LEGO 42025A 主脚・カバー開閉1 主脚の動きを詳しく見ましょう。
 主脚部はタイヤの出し入れと、格納部のカバーが連動して動きます。
 主脚本体のうち3ポッチの白いパーツ部をA、カバーをC、AとCをつなぐリンクをBで示しています。
 左写真はタイヤを出した状態でLA(小)は縮んでいます。この状態からLA(小)を伸ばしていくとタイヤが格納されてカバーが閉まっていきます。

LEGO 42025A 主脚・カバー開閉2 LA(小)が伸びてタイヤが上の方へ格納されていく途中の状態です。A部が反時計周りに45度ぐらい回転したところでAとBが一直線になります。リンク機構では隣接するリンク同士が一直線になるこの状態を死点とか思案点といいます。
 タイヤを降ろした状態から思案点に達するまでの間Cは一旦、上に開いていきます。

LEGO 42025A 主脚・カバー開閉3 さらにLA(小)を伸ばしていくとタイヤが格納されカバーも閉じます。思案点通過後はカバーは開く方向から転じて閉じる方向に動きます。
 思案点を通過させることとリンクの配置を工夫した結果、タイヤ格納間際で起こりがちなカバーとタイヤの接触を上手く避けています。

LEGO 42025A 前脚展開 今度は前脚です。
 前脚もLA(小)を伸ばしていくとタイヤが格納されていきます。
(写真にマウスポインタを載せると前脚格納)


Aモデル:機首カーゴベイ開閉
LEGO 42025A 動力系統図(機首カーゴベイ1) 電動可動部4系統の最後は機首カーゴベイの開閉です。
 左側面レバーを後ろに入れると赤いリングは前方に動き、直前のギヤと噛みあって水色の経路で機首カーゴベイまで動力が伝わるようになります。

LEGO 42025A 動力系統図(機首カーゴベイ2) 機体上面です。
 コクピット後方上部にカーゴベイ開閉用のLA(小)があります。途中2つのユニバーサルジョイントを使って機体左端から中央部まで動力を移動させてきています。

LEGO 42025A 機首カーゴベイ開 機首カーゴベイはLA(小)を伸ばすと開きます。カーゴベイ(貨物扉)とはいうものの、コクピットを含む機首部を丸ごと持ち上げる大胆さw
(写真にマウスポインタを載せると前部カーゴベイ閉)


Aモデル:電源操作
LEGO 42025A 電源操作部 電源BOXの設置状況です。
 PFを組み込んだこれまでのセットは電源BOXは電池交換が簡単にできるように出し入れしやすい配置、構造になっていました。しかし、このモデルでは機体内部に密閉されて収められています。
 電池BOXの取外しには外部のカバーを外して、BOXを固定しているピンを外して...と手間がかかります。また、奥まった位置にあって直接スイッチに触れないのでレバーを介して操作するようになっています。


Aモデル:後部貨物室内
LEGO 42025A 後部貨物室内 各可動部を動かすためのギヤや軸等は機体の天井、壁、床の4面に配置され極力内部に張り出さないように配置されています。
 このモデルは貨物機なのでなるべく貨物室の容積を大きくするという実機での設計思想を反映しているのだと思います。貨物機で扉が開くとなると何か積み込みたくなるのが人情です、何も入らないとガッカリしてしまいますからね。


 電動可動部ではプロペラの安全装置的構造と主脚のカバー開閉機構が面白かったですね。
 初めて動かしてカバー開閉を見た時には思わず「おおっ!」と声をあげてしまいましたw


 関連記事
  A,Bモデル共通
  2014.02.11 : LEGO 42025 レビュー(概要編)

  Aモデル カーゴプレーン / Cargo Plane
  2014.01.19 : LEGO 42025 A レビュー(組立編A)
  2014.01.20 : LEGO 42025 A レビュー(可動部編A)
  2014.02.01 : LEGO 42025 A レビュー(機構編A-1)  Here!
  2014.02.04 : LEGO 42025 A レビュー(機構編A-2)
  2014.01.26 : LEGO 42025 A レビュー(外観編A)

  Bモデル ホバークラフト / Hovercraft
  2014.02.09 : LEGO 42025 B レビュー(組立編B)
  2014.02.13 : LEGO 42025 B レビュー(可動部編B)
  2014.02.22 : LEGO 42025 B レビュー(機構編B)
  2014.02.15 : LEGO 42025 B レビュー(外観編B)
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。

タグ: LEGOテクニック レビュー1H2014 42025 機構編 飛行機 モーター

Comment

非公開コメント