FC2ブログ
プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

セール  新製品リスト  LEGO新製品2H2019  LEGO全般  LEGO新製品1H2019  LEGOテクニック  組立編  レビュー1999  スポーツカー  8448  チラ裏  LEGO新製品2H2018  LEGO新製品1H2018  LEGO新製品2H2017  21309  レビュー2H2017  スペースクラフト  LEGOアイデア  LEGO新製品1H2017  テクニック新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品2H2016  概要編  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ショベルカー  42053  ニューマチック  ヘリコプター  42052  レビュー1H2016  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  42043  トラック  レビュー2H2015  クレーン  ダンプ  LEGO新製品2H2015  42020  レビュー1H2014  潜水艦  60092  LEGOシティ  テクニック新製品2H2015  LEGO-NEWS  公式web情報  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  SUV  42039  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  レビュー2H2014  10242  乗用車  LEGOクリエイター  ログハンドラー  レビュー1H2011  8069  アーティキュレート  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  リモコン  AWD  42030  ホイールローダー  8043  トラックローダー  クローラー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  70814  ロボット  LEGOムービー  四輪駆動車  8110  レビュー2H2011  42025  改造  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  42000  レーストラック  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 8043 A レビュー(機構編A-1)


LEGO 8043 A ショベルカー / Motorized Excavator

 8043のAモデル、ショベルカーの機構編その1です。
 機構が複雑でボリュームがあるので2回に分けます。
 今回は電源、リモコン、上部旋回体の紹介です。


Aモデル:リモコン関係
LEGO 8043A 送受信機配置 このセットの一番大きな特徴は何と言ってもリモコン操作ができるということでしょう。
 リモコンは送受信機1個あたり2ch操作が可能で、このセットでは2組使用して4ch操作としています。
 信号は赤外線を使っているので送受信機間の見通しが必要です。

LEGO 8043A 電源BOX配線 電源BOXを外してみました。
 電源につながっているケーブルは受信機のケーブルです。各装置の接続コネクタはこのように重ねて取り付けることができます。

LEGO 8043A 送受信機SW周り 送受信機にはそれぞれID切替スイッチが付いていて、同じ番号にセットすると対で動かすことができます。IDは1~4まで切り替えることができ同時に4セット、8chまで拡張可能です。
 送信機のID切替スイッチの脇にあるのはモーターの回転方向を切り替えるスイッチです。レバー操作と実動作の方向が思い通りにいかない時に簡単に動く方向を変えることができます。

LEGO 8043A 受信機背面側端子  受信機の背面側にはモーターやLEDライト等をつなげる端子があります。
 送信機のレバー部と受信機の端子部には小さく赤と青のマークが記してあり(丸囲み部)、同じ色同志の組み合わせで動作します。


 リモコン関係をざっと紹介しましたが、これからは本体部の中身に迫っていきます。
 上部旋回体をバラしていきましょう。


Aモデル:上部旋回体上面
LEGO 8043A 背面 上部旋回体には電源、受信機、そして各可動部へ動力を伝えるギヤ詰め込まれています。
 どのようにしてモーターから動力が伝わっていくのかを見ていきたいと思います。


Aモデル:動力系統図(全体)
LEGO 8043A 動力系統図(全体) 上部旋回体の中身を階層ごとに分解して動力の伝わる経路を図示してみました。
 上へ下へ交差したり非常に複雑な構造になっているのが分かると思います。
 送信機のレバーに左から順に1~4までの番号を振っています。それに対応するモーターにも同じように番号を振りました。モーター側は1と2が入れ替わって配置されています。
 操作レバーとモーター、動力経路を示す線色の関係は以下のようになっています。

A系統
 1.ブーム起伏
 2.アーム屈伸
 3.バケット上下

B系統
 1.左クローラー回転
 2.右クローラー回転
 3.上部旋回体旋回

A←→B系統切替
 4.系統切替

LEGO 8043A 切替機構周辺系統図(全体) 動力切替機構部のギヤ配置です。
 見やすくするために赤いリングを動かすレバーは取り外しています。
 こうやって見ると本当に無駄なスペース無くギヤ類が配置されているのが分かると思います。密度感がハンパないです。


Aモデル:動力系統図(切替機構)
LEGO 8043A 動力系統図(切替機構) さて、ここからは個別の系統ごとに見ていきたいと思います。まずはA-B系統の切替機構部です。
 系統切替は送信機4番のレバーで行います。レバーを前後に動かすと3箇所の赤いリングが一度にガチャっと動いてA-B間の系統が切り替わります。

LEGO 8043A 動力切替機構 車体後方側から見たところ。
 動力伝達の途中に十字型のノブホイールが一組使われています。グイッと一気に押し込むような動作の時には普通のギヤよりもこちらの方が良い感じのような気がします。

LEGO 8043A Aグループ動力接続 上の写真部を横から見たところ。
 写真右側が車体後方です。
 赤いリングの動きがよくわかると思います。
 リングが前方に移動するとA系統、後方に移動するとB系統に切り替わります。
(写真にマウスポインタを載せると動力系統切替)

LEGO 8043A 動力切替(A系統) こちらは系統を切り替えた時の赤いリングの動きと動力を伝達する経路が変化する様子を示したものです。
 左写真の最初の状態がA系統、マウスポインタを写真の上に載せるとB系統に切り替わります。
(写真にマウスポインタを載せると動力系統切替)


Aモデル:動力系統図(ブーム)
LEGO 8043A 動力系統図(ブーム) 動力系統切替の次はA系統の動作経路です。操作レバーの番号順にブームから見ていきましょう。
 ブームを起伏させるためのアクチュエーターは2本あり、同時に動かすために動力経路が途中で分岐しているのが特徴です。

LEGO 8043A 切替機構周辺系統図(ブーム) ブームへの動力は車体のほぼ中央を通って腕部まで伝えられます。

LEGO 8043A ブーム用アクチュエータ 上写真の矢印先端部からの続きです。
 赤四角囲み部で左右2本のシリンダに力を伝えるための分岐があります。

LEGO 8043A ブーム動力分岐部 赤四角囲み部を正面から見たところ。一番上にあった黒の12歯Wベベルギヤは外してあります。
 外側から見ると3つのタン色20歯Wベベルギヤしか見えないのですが、その中心に黒12歯Wベベルギヤが配置されています。このギヤを介して左右に動力を振り分けています。

LEGO 8043A ブーム用アクチュエータ取付部 ブームを動かすアクチュエーター。
 このような感じで車体に取り付けられています。

LEGO 8043A ブーム起 ブームの動作です。
 2本のアクチュエーターでググッとブームをもちあげています。
(写真にマウスポインタを載せるとブーム下げ)


Aモデル:動力系統図(アーム・バケット)
LEGO 8043A 動力系統図(アーム・バケット) 次はアームとバケットの動力系統です。
 これらは似たような経路をたどっているので同時に紹介します。
 アームの操作はリモコンの2番レバーをバケット操作は3番レバーを使います。
 

LEGO 8043A 切替機構周辺系統図(アーム・バケット) 切替機構部周辺のクローズアップです。
 アーム、バケットの動力は写真の矢印先端にあるベベルギヤまで伝わります。ここはブームの付け根にあたり、ここから腕部へと動力が渡されます。

LEGO 8043A 動力系統図(腕部) 腕部のカバーを外して中身を見てみます。
 本体では左右二列に並んでいた動力軸が腕部の中では上下二列に位置を変えています。

LEGO 8043A ブーム根元(背面側) ブーム付け根の背中側です。
 このようにアームとバケットの動力軸は横二列に並んでいるのですが...

LEGO 8043A ブーム根元(下面側) 裏側(ブームの下面)からみると腕部の先端に行くにしたがって交差するように近づいていきます。

LEGO 8043A ブーム曲部 横から見てみるとこんな感じです。
 赤丸部では横に並んでいたのが青丸部で縦にならんでいます。2つ並んだ軸を途中で90度ひねったような接続になっています。
 ユニバーサルジョイント使いまくりです。

LEGO 8043A アーム押し アームの動きです。
(写真にマウスポインタを載せるとアーム引き)

LEGO 8043A バケット上げ 最後にバケットの動き。
(写真にマウスポインタを載せるとバケット下げ)


 今回は主に旋回体内部と腕部の構造について紹介してみました。
 初めて作ったとき(2011年夏頃)はギヤがギッシリと隙間なく詰まった旋回体内部に、ただただ驚嘆したものです。
 あんまり複雑なもんで中々記事にすることができなかったのですがようやく果たすことができました。


 関連記事
  A,Bモデル共通
  2014.07.26 : LEGO 8043 レビュー(概要編)

  Aモデル ショベルカー / Motorized Excavator
  2014.07.03 : LEGO 8043 A レビュー(可動部編A)
  2014.07.07 : LEGO 8043 A レビュー(機構編A-1)  Here!!
  2014.07.20 : LEGO 8043 A レビュー(機構編A-2)
  2014.07.22 : LEGO 8043 A レビュー(外観編A)

  Bモデル 牽引ローダー / Trucked Loader
  2014.07.28 : LEGO 8043 B レビュー(可動部編B)
  2014.08.01 : LEGO 8043 B レビュー(機構編B)
  2014.08.04 : LEGO 8043 B レビュー(外観編B)
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。

タグ: LEGOテクニック レビュー2H2010 8043 機構編 ショベルカー クローラー リモコン モーター

Comment

Re: No title

いきなりアルティメットですか!なんというか通ですねw
切替機構は遊ぶ分にはストレスですが
組立の面白さ的なものはあるでしょうね。

しかしアルティメットもこのスペースにXLモーター含む
6個のモーターをよく詰め込んだなと思います。

No title

私はインスト通りに組立てずにいきなりアルティメット化しましたので
切り替え機能の方が構造的に複雑に感じます。

モーターを一つづつ割り当てる方が構造的には簡単かも?
ですね。
非公開コメント