FC2ブログ
プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

新製品リスト  LEGO新製品2H2019  LEGO全般  LEGO新製品1H2019  セール  LEGOテクニック  組立編  レビュー1999  スポーツカー  8448  チラ裏  LEGO新製品2H2018  LEGO新製品1H2018  LEGO新製品2H2017  21309  レビュー2H2017  スペースクラフト  LEGOアイデア  LEGO新製品1H2017  テクニック新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品2H2016  概要編  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ショベルカー  42053  ニューマチック  ヘリコプター  42052  レビュー1H2016  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  42043  トラック  レビュー2H2015  クレーン  ダンプ  LEGO新製品2H2015  42020  レビュー1H2014  潜水艦  60092  LEGOシティ  テクニック新製品2H2015  LEGO-NEWS  公式web情報  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  SUV  42039  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  レビュー2H2014  10242  乗用車  LEGOクリエイター  ログハンドラー  レビュー1H2011  8069  アーティキュレート  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  リモコン  AWD  42030  ホイールローダー  8043  トラックローダー  クローラー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  70814  ロボット  LEGOムービー  四輪駆動車  8110  レビュー2H2011  42025  改造  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  42000  レーストラック  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 42039 A レビュー(可動部編A)


LEGO 42039 A 耐久レースカー / 24 Hours Race Car


 42039のAモデル、耐久レースカーの可動部編です。
 ギヤによる可動部はリアカウル開閉、左右ドア開閉、ステアリング操作の3箇所。
 リアカウルと左右ドアは別売り(又は手持ち)のパワーファンクションMモーターを取り付けて電動化できます。


Aモデル:操作方法
LEGO 42039A 操作部 ギヤで駆動できるところは次の3箇所。

   1:リアカウル
   2:ドア
   3:ステアリング

 1,2を動かす時はレバー(左写真A)を切り替えてカウルかドアかを選びます。その後Bのツマミをくるくる回すと選択した場所が動きだします。
 3のステアリング操作はコクピット屋根上にあるツマミを動かして行います。

LEGO 42039A 動力切替レバー 動力伝達切替機構の選択レバーです。
 黄色方向に動かすとリアカウルの開閉、黄緑色方向へ動かすと左右ドアの開閉ができます。

LEGO 42039A 手動入力ツマミ 先程のレバーで動かすところを選んだらこの黒いツマミを回します。するとカウル又はドアが開閉します。


Aモデル:リアカウル開閉
LEGO 42039A リアカウル開 リアカウルの開閉状況です。
 レバーによる選択後ツマミを時計回りに回すとリアカウルが開きます。車体最後端下部にヒンジがありコクピット直後からの部分が後方へ大きく開いていきます。
(写真にマウスポインタを載せるとカウル閉)


Aモデル:左右ドア開閉
LEGO 42039A 左右ドア開 左右ドアの開閉です。
 ドアはガルウイングタイプです。カウル開閉と同じようにレバーによる選択後、ツマミを時計周りに回すとドアが開きます。
 片方だけの開閉はできなくて左右同時に動く仕様となっています。
(写真にマウスポインタを載せるとドア閉)


Aモデル:ステアリング
LEGO 42039A ステアリング左 コクピット屋根上のツマミを回すとステアリング操作ができます。
 42000:グランプリレーサーではコクピットのハンドルとステアリング操作が連動していましたが、こちらの方は連動して動きません。室内のハンドルは飾りです。
(写真にマウスポインタを載せるとステアリング右)


Aモデル:フロントサス
LEGO 42039A フロントサス1 このマシンは4輪独立サスとなっていて短いストロークながらもしっかり働いています。
 フロントウイング周辺を見てもらうと分かるように車体の最低地上高がとても低く1ポッチ程度しかないのでストロークはホントにわずかです。
(写真にマウスポインタを載せるとボディ上昇)


Aモデル:リアサス
LEGO 42039A リアサス1 リアサスも同様です。
 サスの効き具合(固さ)はリアよりもフロントの方が固くなっています。これは別売りのPFモーター用の電池BOXが入るからではないかと思っています。
(写真にマウスポインタを載せるとボディ上昇)

Aモデル:V8エンジン
LEGO 42039A V8エンジン1 ミッドシップマウントのV8エンジンです。
 転がし走行させると後輪の回転に連動して8個のピストンが往復運動をします。
(写真にマウスポインタを載せるとピストン往復)

LEGO 42039A デフギヤ 車を裏返してみました。
 Dはデフギヤ、EはV8エンジンです。
 エンジンの裏側からはコンロッドがよく見えます。その端部からは後方へ軸が伸びデフギヤにつながっています。デフギヤからは左右のタイヤへドライブシャフトが伸びています。
 こんなふうにしてタイヤからエンジンまでがつながっていてピストンがピコピコと動くという訳です。


Aモデル:ボンネット
LEGO 42039A ボンネット開 フロントのボンネットにあたる部分は開閉ができます。ここには電動化する際に電池BOXが入ります。
(写真にマウスポインタを載せるとボンネット閉)


Aモデル:サイドハッチ
LEGO 42039A サイドハッチ開 両側のサイドポンツーンの上面は開くことができます。電動化する際に左右ポンツーン内に部品を仕込むため開閉可能になっているようです。本当のメンテナンスハッチとして使われる訳です。
(写真にマウスポインタを載せるとハッチ閉)

Aモデル:電動化
LEGO 42039A モーター取付前 さて、ここからは電動化の手順について紹介したいと思います。
 8293:パワーファンクション・モーターセットを使っての電動化がインストの最後に掲載されています。私は8293を持っていないので手持ちモーターで電動化しますが、ヘッドライトのLED化ができません...
 まずはモーターの設置です。左サイドポンツーン内にMモーターを取り付けます。左は取付前の状態です。

LEGO 42039A モーター取付後 Mモーターを取り付けました。取付用のピンも動力接続用の軸も最初から車体側にセットされているのでモーターをポン付けするだけです。

LEGO 42039A クラッチギヤ取付前 反対側の右サイドポンツーンです。
 M(モーター)から動力が伝わってきて、これをT(動力切替機構)に渡すようにしなければならないのですが丸囲み部にギヤがありません。ここに指定のギヤを後付します。

LEGO 42039A クラッチギヤ取付後 指定のギヤはクラッチギヤ(C.G.)です。
 写真では一部が隠れて見えませんが、これでモーターから各可動部までの動力の経路がつながりました。

LEGO 42039A 電池BOX取付 電源BOXはフロントのボンネット内に収めます。ピンなどで固定するところはなく、すっぽりと入れるだけでした。
 電動化の手順はこの様な感じですが8293にはLEDランプが入っているため、インストでもこれを使用してのヘッドライト点灯までが含まれています。残念ながら私はLEDランプを持っていないためここまでです。


 一般的な市販車やレーシングカーといった四輪車のセットは元のモチーフの可動箇所が少ないからLEGOのセットも可動部が寂しくなりがちです。このセットでは派手に大きく開くリアカウルがその寂しさをフォローしているように思えました。
 それからレーシングカーらしく最低地上高が1ポッチ程度と非常に低いのですが、この短いストロークでもちゃんと動くサスを組み込んできたのには感心しました。ボディの上下動はたったの1ポッチなのですが「これだけしか動かないの?」とは全く思わず「良く動くサスだなぁ」という印象です。ちょっと不思議なセッティングだなと思いました。


 関連記事
  A,Bモデル共通
  2015.03.08 : LEGO 42039 レビュー(概要編)

  Aモデル 耐久レースカー / 24 Hours Race Car
  2015.01.18 : LEGO 42039 A レビュー(組立編A)
  2015.01.27 : LEGO 42039 A レビュー(可動部編A)  Here!!
  2015.02.24 : LEGO 42039 A レビュー(機構編A)
  2015.02.03 : LEGO 42039 A レビュー(外観編A)

  Bモデル SUVレーサー / SUV Racer
  2015.03.03 : LEGO 42039 B レビュー(組立編B)
  2015.03.06 : LEGO 42039 B レビュー(可動部編B)
  2015.03.23 : LEGO 42039 B レビュー(機構編B)
  2015.03.12 : LEGO 42039 B レビュー(外観編B)
  ------------------------------
  類似セット
  LEGO 42000:グランプリレーサー レビュー
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。

タグ: LEGOテクニック レビュー1H2015 42039 可動部編 レーシングカー モーター

Comment

非公開コメント