FC2ブログ
プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

セール  新製品リスト  LEGO新製品2H2019  LEGO全般  LEGO新製品1H2019  LEGOテクニック  組立編  レビュー1999  スポーツカー  8448  チラ裏  LEGO新製品2H2018  LEGO新製品1H2018  LEGO新製品2H2017  21309  レビュー2H2017  スペースクラフト  LEGOアイデア  LEGO新製品1H2017  テクニック新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品2H2016  概要編  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ショベルカー  42053  ニューマチック  ヘリコプター  42052  レビュー1H2016  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  42043  トラック  レビュー2H2015  クレーン  ダンプ  LEGO新製品2H2015  42020  レビュー1H2014  潜水艦  60092  LEGOシティ  テクニック新製品2H2015  LEGO-NEWS  公式web情報  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  SUV  42039  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  レビュー2H2014  10242  乗用車  LEGOクリエイター  ログハンドラー  レビュー1H2011  8069  アーティキュレート  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  リモコン  AWD  42030  ホイールローダー  8043  トラックローダー  クローラー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  70814  ロボット  LEGOムービー  四輪駆動車  8110  レビュー2H2011  42025  改造  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  42000  レーストラック  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 42039 B レビュー(機構編B)


LEGO 42039 B SUVレーサー / SUV Racer


 42039のBモデル、SUVレーサーの機構編です。
 Aモデルとは異なるサスの構成や動きがとても良くできている補助灯格納などといった機構を詳しく見ていきます。


Bモデル:操作部
LEGO 42039B 操作部 このモデルでは補助灯、リアハッチ、ステアリングの3箇所を操作することができます。これらの操作は車体屋根上にある3つのツマミやレバーを使って行います。それぞれの役割は次のようになっています。

 A:補助灯格納とリアハッチ開閉の切替
 B:動力入力
 C:ステアリング操作


Bモデル:動力系統図(全体)
LEGO 42039B 動力系統図(全体) 動力が伝わっていく経路を図示しました。
 各色と動力の伝達先は以下です。

 1:補助灯格納
 2:リアハッチ開閉
 3:ステアリング
 4:ドライブトレーン(エンジン-後輪)
 5:動力入力



 1と2はどちらか一方を選んで動かすことができます。まずAのレバーを動かして補助灯かリアハッチのどちらかを決めます。次にBのツマミをクルクルと回すと5の茶色ラインを通り、動力切替部を経由して選んだ出力先へと送られます。

 3はステアリング操作の系統です。Cのツマミを回して前輪を操作します。

 4はエンジンと後輪を結ぶ系統です。転がし走行させると後輪の回転がエンジンまで伝わりV8エンジンのピストンを往復させます。

LEGO 42039B 動力系統図(断面) 真横から見たところです。A,B,Cのツマミ類は長いシャフトで屋根上まで持ち上げられているのですが、ここでは写真に納めにくいため外しています。
 ステアリング(ピンク)やドライブトレーン(水色)の系統は車体中心線上に置くと都合がよいのですが、互いに干渉してしまうのでこのように上下方向にずらして解決していることがわかります。


Bモデル:補助灯展開格納
LEGO 42039B 補助灯展開 補助灯の出し入れの様子です。
 補助灯は180度回転してバンパー内に収まります。格納時に邪魔なバンパーは連動して下方に開き、補助灯が通るスペースを作り出しています。
(写真にマウスポインタを載せると補助灯格納)

LEGO 42039B 動力系統図(補助灯) 動力の入力-切替部付近です。
 レバーAを左に動かすとツマミBから前方の補助灯まで動力を伝える経路がつながります。

LEGO 42039B 補助灯動力系統-1 上写真の1付近です。
 ぐるっと迂回しながら切替機構のある層から上の層へ動力系統を持ち上げています。
 

LEGO 42039B 補助灯動力系統-2 車体中央部からエンジンの下を通って補助灯のある車体前部まで動力が来ました。ここではウォームギヤと8歯ギヤを使って動力の回転方向を変えています。

LEGO 42039B 補助灯・バンパー接続箇所 補助灯とバンパーが連動する仕組みです。
 後方から伝わってきた動力で補助灯は前方に180度回転します。補助灯の端部(1)にはリンクが接続されていてリンクの他端はバンパー(2)につながれています。このリンクによって補助灯と連動してバンパーが動くようになっているのです。

LEGO 42039B 補助灯リンク部動き リンク側から見たところです。
 赤い線が補助灯の回転軸です。回転軸の手前側の端には灰色のパーツが見えており、ここにリンクの取付点(1)があります。
 1の移動範囲はおおよそ写真の緑矢印の範囲で、現状は補助灯が水平でリンクは最下点に位置しバンパーは最大開度になっています。この後、点1がどちら側に動いてもリンクは上へ引き上げられるのでバンパーは閉じる方向へ動きます。

LEGO 42039B 補助灯gif 上で色々書きましたが、見た方が早いのでgifにしました。バンパーが一度開いてまた閉じるという動きの仕組みが分かるかと思います。


Bモデル:リアハッチ開閉
LEGO 42039B リアハッチ開 リアハッチ開閉の様子です。
 開閉の機構は荷室内部に組み込まれているのでこれから中身を見ていきましょう。
(写真にマウスポインタを載せるとリアハッチ閉)

LEGO 42039B 動力系統図(リアハッチ) 切替えレバーを補助灯操作時と反対方向に動かすと動力入力ツマミBからリアハッチ開閉機構までの動力伝達経路がつながります。

LEGO 42039B リアハッチ動力系統 上写真の1付近です。
 入力された動力はウォームギヤ(2)を経由して24歯ギヤ(3)を回します。24歯ギヤには腕状の部品(4)が接続されており、ギヤの動きで前後に搖動します。
 腕状部品の端部にはリンク(5)が取り付けられていており、反対側端はリアハッチに接続されています。

LEGO 42039B リアハッチ開 荷室内が見えるように外装部品を外しました。上写真の部品4の前後搖動がリンク(5)によってリアハッチまで伝えられハッチを開閉するようになっています。
(写真にマウスポインタを載せるとリアハッチ閉)


Bモデル:ステアリング
LEGO 42039B ステアリング左 次はステアリングです。
 ツマミCを操作するとフロントタイヤの向きが変わります。

LEGO 42039B ステアリング動力系統図 ステアリングの系統は屋根上にあるツマミから真っ直ぐ下におりた後、前方へ向かっています。90度向きが変わるところではノブホイールが一組使われています。

LEGO 42039B フロントアクスル フロントアクスルの構造です。
 ステアリング動力はダブルベベルギヤ12T(1)を回転させて、組み合わさっているラックギヤ(2)を左右に動かします。ラックギヤの端部にはタイロッド(3)が取り付けられており、ハブ(4)とつながっています。
 タイロッドを介してラックギヤの左右への動きがハブの首振りとして出力され、最終的にはタイヤの向きが変わる動きとして現れます。

LEGO 42039B ステアリング左 ステアリング操作の様子です。
 残念ながらラックギヤ周辺の肝心なところが見えません。気になる方はAモデルの機構編をご参照ください。
(写真にマウスポインタを載せるとステアリング右)


Bモデル:ドライブトレーン
LEGO 42039B 動力系統図(車体裏側) フロントにあるV8エンジンと後輪の間をつなぐ経路です。
 車体最下面にプロペラシャフトが通っています。リアアクスル付近にはディファレンシャルギヤがとりつけられていて左右のタイヤに動力を分配できる構造が組み込まれています。

LEGO 42039B ドライブトレーン-1 プロペラシャフト付近です。
 動力経路はV8エンジン後端から16歯ギヤ4枚を使って車体最下面に導かれます。その後は8歯ギヤ2枚を使って高さの調整を行い、リアのデフギヤまでつながっています。

LEGO 42039B ドライブトレーン-2 リアアクスルを車体後端側から見たところです。1がデフギヤで動力経路はここで左右に分配されてハブまでつながっています。デフギヤとハブをつなぐ部品が2のドライブシャフトです。


Bモデル:フロントサス
LEGO 42039B フロントサス構造 ギヤを使って動く部分の説明は修了です。以降は前後のサスを見ていきます。まずはフロントサスです。
 形式はお馴染みのダブルウィッシュボーン。ショックの配置など非常に基本的な構造となっています。
 主な構成部品は次のようになっています。
  1.アッパーアーム
  2.ロアアーム
  3.ショックアブソーバー
  4.タイロッド

LEGO 42039B フロントサス縮 車両前方側からみたところです。
 Aモデルのフロントサスと非常によく似ていますが、こちらの方がアームの長さが長くなっています。アームの車体側取付位置(支点)が異なっています。
 参考:Aモデル機構編
(写真にマウスポインタを載せるとフロントサス伸)


Bモデル:リアサス
LEGO 42039B リアサス構造 リアサス側です。
 こちらもダブルウィッシュボーンです。主な構成部品は以下。
  1.アッパーアーム
  2.ロワアーム
  3.ショックアブソーバー
  4.ドライブシャフト

LEGO 42039B リアサス縮 リアサスはセッティングの違いにより、フロントサスよりも硬めになっています。これは荷室にパワーファンクションの電池BOXやモーター、リモコン受信機を搭載することを前提としているのではないかと(勝手に)考えています。設計者の期待に応えてお持ちの方はどんどんR/C化に挑戦してみましょう!(私はしませんがw)
(写真にマウスポインタを載せるとリアサス伸)


 このモデルでは何と言っても補助灯の格納機構が良かったですね。動きに連動して自動的に扉的なものが開閉するというのは実にカッコイイものです。


 関連記事
  A,Bモデル共通
  2015.03.08 : LEGO 42039 レビュー(概要編)

  Aモデル 耐久レースカー / 24 Hours Race Car
  2015.01.18 : LEGO 42039 A レビュー(組立編A)
  2015.01.27 : LEGO 42039 A レビュー(可動部編A)
  2015.02.24 : LEGO 42039 A レビュー(機構編A)
  2015.02.03 : LEGO 42039 A レビュー(外観編A)

  Bモデル SUVレーサー / SUV Racer
  2015.03.03 : LEGO 42039 B レビュー(組立編B)
  2015.03.06 : LEGO 42039 B レビュー(可動部編B)
  2015.03.23 : LEGO 42039 B レビュー(機構編B)  Here!!
  2015.03.12 : LEGO 42039 B レビュー(外観編B)
  ------------------------------
  類似セット
  LEGO 42000:グランプリレーサー レビュー
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。

タグ: LEGOテクニック レビュー1H2015 42039 機構編 SUV

Comment

非公開コメント