FC2ブログ
プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

セール  新製品リスト  LEGO新製品2H2019  LEGO全般  LEGO新製品1H2019  LEGOテクニック  組立編  レビュー1999  スポーツカー  8448  チラ裏  LEGO新製品2H2018  LEGO新製品1H2018  LEGO新製品2H2017  21309  レビュー2H2017  スペースクラフト  LEGOアイデア  LEGO新製品1H2017  テクニック新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品2H2016  概要編  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ショベルカー  42053  ニューマチック  ヘリコプター  42052  レビュー1H2016  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  42043  トラック  レビュー2H2015  クレーン  ダンプ  LEGO新製品2H2015  42020  レビュー1H2014  潜水艦  60092  LEGOシティ  テクニック新製品2H2015  LEGO-NEWS  公式web情報  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  SUV  42039  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  レビュー2H2014  10242  乗用車  LEGOクリエイター  ログハンドラー  レビュー1H2011  8069  アーティキュレート  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  リモコン  AWD  42030  ホイールローダー  8043  トラックローダー  クローラー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  70814  ロボット  LEGOムービー  四輪駆動車  8110  レビュー2H2011  42025  改造  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  42000  レーストラック  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 42043 A レビュー(組立編A)


LEGO 42043 A メルセデス・ベンツ アロクス 3245 / Mercedes-Benz Arocs 3245


 42043のAモデル、メルセデス・ベンツ アロクス 3245の組立編です。 
 昨年のVolvoに引き続き今年のフラッグシップモデルも実名車両のライセンスモデルです。
 そのお相手はメルセデス・ベンツ、2011年のウニモグ以来4年振り2回目。
 それからパーツ数は2,700を超えテクニック史上最多を更新しました。


42043-001.jpg 箱の大きさはいつものフラッグシップクラスと同じくらいです。でも重い、ずっしり。
 今回一番のウリは新しいシリンダが加わったニューマチックシステムです、今までとは違うんだぜとばかりに「V2」という文字で超絶アピールしています。
 フラッグシップの箱でおなじみの表紙めくりは今回も健在です。ぺろっとめくってみましょう。

42043-002.jpg 箱をめくったところ。
 上の部分はニューマチックのバケットクレーンについての説明がメイン。下の方は車体側の解説がメインとなっています

42043-003.jpg 上側ページの拡大。
 ニューマチックシリンダは3種類4本。
 新しいシリンダは2本ある太いものと細くてストロークが長いものの2種類。一番小さなものは従来品です。


42043-004.jpg 下側ページにも色々と解説が記されているんだけど...サスのところに「Full independent suspension」とある。完全独立懸架?いやいや、車軸懸架でしょ。
 あと、箱の開閉方法が変わりました。従来は左写真の面が箱のフタになっていてガバッと開くようになっていたんですけれども、今回は側面を開く普通のセットと同じようなタイプに変更されています。


開封
42043-005.jpg 開封です。
 箱を持っていた時のズッシリとした手応え。パーツが沢山はいっていて嬉しい!と思うとともにこれから始まる長い闘いが脳裏をかすめてちょっと身が引き締まります。
 実際、パーツの量は圧倒的。出しても出しても箱の中からパーツの袋が出てきます。
 とりあえず、そのおおよそ半分が左の写真。
 袋に記されたナンバー1~6のうち1と2、それからインスト、タイヤ等。
 

42043-006.jpg 残りのパーツ。
 袋のナンバーは3~6。
 テクニック以外のシリーズではナンバリングされた袋は一般的だと思いますが、テクニックでは珍しい感じです。
 2年前の42009:クレーンMKIIはナンバリングが3までしかなく1の袋で車体全部を組み上げるという、あんまり意味のない仕様だったのですが今回は随分と改善されたようです。実際、部品探しの手間が大幅に軽減されました。

42043-007.jpg 取説(インスト)とステッカー。
 大型モデルは、この分厚い一冊仕様に固定されたようです。終盤が見づらいので私は分冊のほうが好みなんですけれども。


Aモデル:組立
42043-008.jpg では、組立に入ります。
 一番最初ではないのですが、かなり早い段階でエンジンを組み立てます。
 今回は直6エンジン、機械的にはとても好きなエンジンなのですがLEGOではV8の方が好みです。

42043-009.jpg シャーシーにエンジンを載せたところです。そのすぐ後ろにはパワーファンクションのLモーターが取り付けられています。

42043-010.jpg フロントの車軸を組み付けていきます。
 2本ある車軸はそれぞれステアリング可能となっています。
 ここでは前から2軸目が取り付けられました。
 

42043-011.jpg 車軸単独の写真です。
 ショックアブソーバーが付いているところが車軸本体で、青いピンが4本刺さっているあたりが車体に固定される部分です。車軸と車体側は3本のリンクで接続されていて中央に見える灰色の部品がそれにあたり、見にくいのですが同じものが左右両脇に取り付けられています。
 

42043-012.jpg 車軸を取り付けて、キャビン周辺の構造部を組み立てたところです。
 この写真をだとアメリカンなボンネット付トラックが出来上がりそうな気がしますね。
 ちなみにここまでで袋1が終了です。

42043-013.jpg 次はアウトリガー周辺を組み立てます。
 2ピースで伸縮スライド機構が出来上がる専用新部品を使っています。
 写真中央部に見える青い部品はエアポンプのシリンダです。これをモーターで動かして空気圧を作りだし、クレーンのシリンダを動かします。

42043-014.jpg 何やらギヤが沢山取り付けられました。
 ここはモーター動力の行き先を選ぶ部分になるんですね。

42043-015.jpg 袋1で出来上がった車体とアウトリガーを合体させます。大分デカくなってまいりました。
 そして、ここで袋2が終了です。

42043-016.jpg 車体の後半部に入っていきます。
 ここはリアアクスルが取り付けられるところ周辺。サスペンションを構成する部品にゴム部品が使われています(赤矢印部)。
 どんな風に機能しているのかは良く理解していないのでちょっと調べてから機能編で紹介できればいいなと思っています。

42043-017.jpg シャーシー上面にはベッセル(荷台)をダンプさせるための機構が取り付けられました。
 下面側ではリアアクスル用のショックアブソーバーが車軸と接続されるのを待っています。

42043-018.jpg リアの車軸です。
 2つの車軸は駆動軸となっていて、2軸それぞれにデフギヤが装備されています。
 また隣接部にてターンテーブルで接続されており、それぞれ捻り方向(ロール方向)へ動くことができます。
 なおセンターデフは省略されている模様。

42043-019.jpg 車軸がシャーシーへ取り付けられました。
 トラックのサスペンションはあんまり詳しくないのでこれから勉強ですw

42043-020.jpg 既に出来上がっている部分と車体後端部を合体させて、タイヤを取り付けました。
 タイヤは全部で12輪!ダブルタイヤはやっぱり迫力があってカッコいいですねぇ。
 これで袋3が終了です。

42043-021.jpg 袋4ではバケットクレーンを作ります。
 初っ端からインストのミス。手順2を写していますが、この次のページは4になっていて3が抜けています。3は2本の青ピン(ロング)を取り付ける工程となっています。

42043-022.jpg クレーンの台座です。
 ニューマチックのレバーが取り付けられ、エアーチューブの一部がつながっています。
 チューブは長めの寸法になっているので取り回しがちょっと大変です。コツは最短距離でつなごうとしないこと。一旦反対側に振るといいと思います。

42043-023.jpg クレーンのブーム部を組み立てます。
 アーム先端の伸縮可能部はアウトリガー伸縮と同じ部品を使っています。

42043-024.jpg クレーンを底面から見たところ。
 チューブがうねうねと錯綜しています。
 なかなかキレイにまとめることができません。

42043-025.jpg クレーン先端にバケットを取り付けた後にシャーシーに搭載して袋4は修了です。

42043-026.jpg 袋5ではキャビンを組み立てます。
 いきなりほぼ完成ですがパーツを数多く使っているだけあって仕上がりは最高です。
 メルセデスのシンボル、スリーポインテッドスターはプリントパーツで再現されています。プリント万歳!

42043-027.jpg シャーシーに搭載しました。
 キャビンの仕上がりは本当に素晴らしいですね。ふんだんにパーツを使っているので他のセットと比較するのは酷ですが、歴代最高の出来だと思います。
 ここで袋5は終了。

42043-028.jpg 袋6ではベッセルを作ります。
 平面パネルとリフトアームを使ってひたすらつないでいくだけです。

42043-029.jpg ベッセルを車体に載せました。
 これで袋6が終了です、つまり完成。


Aモデル:完成
42043-030.jpg 完成しました。
 車体の大きさに比べてタイヤがちょっと小さいような気がします。

42043-031.jpg ダンプする姿を後ろから。
 ペッセル後端のゲートはダンプすると自然にこのように開きます。水平時にはロックして開かないようにすることが可能です。


予備パーツ
42043-032.jpg 余りパーツはこんな感じです。
 1ポッチサイズのものを中心にセレクトされています。丸タイルが多くて嬉しい感じ。


 今回はバケットクレーンを備えたダンプトラックでした。バケットクレーンは2011年のウニモグと似たようなものだしトラック的な車体も似たようなものがあるので組立前は新鮮さがあまり感じられなかったのですが、実際に組んでみるとフロントのステアリング機構やリア2軸のサスペンションなどは今までに組んだことのない構造をしていたので楽しんで組むことができました。


 関連記事
  Aモデル LEGO 42043 A メルセデス・ベンツ アロクス 3245 / Mercedes-Benz Arocs 3245
  2015.08.14 : LEGO 42043 A レビュー(組立編A)  Here!!
  2015.09.02 : LEGO 42043 A レビュー(可動部編A-1)
  2015.09.06 : LEGO 42043 A レビュー(可動部編A-2)
  2015.10.29 : LEGO 42043 A レビュー(機構編A-1)
  2015.12.10 : LEGO 42043 A レビュー(機構編A-2)
  2015.09.22 : LEGO 42043 A レビュー(外観編A)

  Bモデル LEGO 42043 B メルセデス・ベンツ 連結式トラック / Mercedes-Benz Articulated Construction Truck
  2015.12.14 : LEGO 42043 B レビュー(組立編B)
  2015.12.20 : LEGO 42043 B レビュー(可動部編B-1)
  2015.12.26 : LEGO 42043 B レビュー(可動部編B-2)
  ------------------------------
  類似セット
  LEGO 8110:メルセデスベンツ ウニモグ U400
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。

タグ: LEGOテクニック レビュー2H2015 42043 組立編 クレーン ダンプ ニューマチック モーター

Comment

遅くなりましたがw

> SHUさん
モバイルクレーンは途中睡眠をはさんで一気に作ったのでやたらと疲れた記憶があります。
今回はのんびりと組んでみました。と、言いつつ実はスプラトゥーンにハマっているせいなんですけどねw
アロクスはニューマチックがメインなんでモーター駆動箇所で苦しい所というのはありません。
クレーンは上部構造体のモーターからアウトリガー先端のジャッキまでがとにかく遠いですからね、苦しいはずです。
ただ、ニューマチックのクレーンは動かすのが難しいので何かを積み込んだりして遊ぶのはストレスがたまりますw

アロクスの記事楽しみにして頂いているようでホントに嬉しいです。
いつものように記事を書いていきますが、途中ファイヤプレーンを作ったりするかも知れませんw
飛行機も好きなもんでw

そうそう、来年のラインナップですね。
BBSにスレ立てますかw

レビューありがとうございます!

今回も楽しく拝見いたしました。
2年前の悪夢がよみがえる(笑)アウトリガーがずいぶん組み立てやすい一体型パーツに置き換わっているのは、個人的には上記の理由で朗報です。
キャビンもかつての名作、8109フラットベッドトラックを凌駕する出来映えのようで、組み立てが楽しみになってきました。
私事ですが、今回は数ヶ月後のF40クリブリ販売を期待して(LDC大阪行きもあきらめました)、テクニック祭はしばらくオアズケにするつもりです。
引き続き42043の情報を楽しみにしていますので、今後ともよろしくお願いします!

そういえば、時期的にそろそろ来年のラインナップが…(笑)

Re: いいですね

> legofanさん
パーツをふんだんに使って作りこんだフラッグシップモデルはどうしてもトラックや建機が多くなるので
必然的に車軸懸架が多くなってしまいます。
乗用車的なものをモチーフにすれば、独立懸架を突き詰めることもできるんじゃないかなと。

このセットをおおまかにとらえるにはいい例えですね。
> クレーンMKiiとウニモグにプラスアルファー

いいですね

いろいろなギアの組み合わせいいですね。特にラックギアは。
車軸懸架も悪くないですが、やはり完全独立懸架はまだラジコンの世界でしょうか。
クレーンMKiiとウニモグにプラスアルファーと言ったとこでしょうか。
非公開コメント