プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

新製品リスト  LEGO全般  LEGO新製品2H2017  レビュー2H2017  LEGOアイデア  21309  スペースクラフト  組立編  LEGO新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品1H2017  LEGOテクニック  テクニック新製品2H2016  概要編  スポーツカー  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ニューマチック  ショベルカー  42053  チラ裏  ヘリコプター  レビュー1H2016  42052  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  レビュー2H2015  クレーン  トラック  42043  ダンプ  LEGO新製品2H2015  レビュー1H2014  42020  LEGOシティ  60092  潜水艦  テクニック新製品2H2015  公式web情報  LEGO-NEWS  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  42039  SUV  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  10242  LEGOクリエイター  レビュー2H2014  乗用車  レビュー1H2011  アーティキュレート  8069  ログハンドラー  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  AWD  リモコン  42030  ホイールローダー  8043  クローラー  トラックローダー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  ロボット  70814  LEGOムービー  四輪駆動車  レビュー2H2011  8110  改造  42025  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  レーストラック  42000  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 42052 A レビュー(組立編A)


LEGO 42052 A ヘビーリフト ヘリコプター / Heavy Lift Helicopter


 42052のAモデル、ヘビーリフト ヘリコプターの組立編です。
 どことなくロシア機の面影漂うような気がする大型ヘリコプター。
 一番の特徴は上下に重なる二つのローターが互いに反対方向へ回転する二重反転式ローターです。
 このメカ好きの心をガッツリ掴む機構を詰め込んだヘリを組み立ててみましょう。


42052-001.jpg 今回のヘリはパネルやフェアリングパーツを多用して滑らかな外観に仕上げているのが印象的です。過去のテクニックはスケルトン的な構造が主流でしたが、近年パネル系パーツの使用が増えてきて、このヘリではほぼ全面が覆われるに至りました。
 箱の右下には概寸が示してあり、長さ60cm、幅53cmとなっています。

42052-002.jpg 箱の裏側です。
 A,B両モデルの可動部の解説となっています。
 Bモデルはタンデムローターヘリコプター。前後に二つのローターを持つヘリです。こちらのモデルも中々魅力的です。

42052-003.jpg Aモデル解説部の拡大。
 こちらは二重反転式ローターの説明。モーターで回転させることができ、上下のローターが互いに反対向きに回ります。


42052-004.jpg こちら側はローター以外の可動部。
 機体下面のカーゴドア、後部のローディングランプ、ウインチが電動可動部となっています。他には機体後端にある補助翼の昇降舵、方向舵が手動操作できます。


開封
42052-005.jpg 開封です。
 パーツ数は1,042。最近は準フラッグシップモデルでも1,200ぐらい当たり前といった風潮になってきたので、そんなに多いという印象はもはやないですね。 

42052-007.jpg 冒頭にも記しましたが、パネル系パーツが多い。右のパネル系パーツに対して左がリフトアーム系。リフトアームほんっとに少ないです。

42052-006.jpg 取説(インスト)とステッカー。
 インストは一冊、Bモデル用はありません。いつも通りダウンロードです。
 ステッカーは大きなシートが一枚。面積の広いパネル系パーツが多く、ステッカーも一枚一枚が大きくなっているため、シートがこんな大きさになっています。


Aモデル:組立
42052-008.jpg では、組立ましょう。
 スタートは機体の中央部付近の左右壁からです。パネルをつなぎ、リフトアームで補強といった感じの組み方です。構造のモノコック化が進んできたという印象です。

42052-009.jpg これはウインチ部。
 吊荷時に勝手に荷が下がらないようにギヤ途中にウオームギヤを使って逆転防止としています。

42052-010.jpg 動力の切替機構部。
 スイッチを切り替えることで、1つのモーターで4つの可動部を動かしています。これは、その切替機構部のギヤ配置。
 この段階ではまだ何にもわかりませんが。
 

42052-011.jpg ウインチや切替機構部などを組み付けていきます。下向きに2本の長い黒色シャフトがとりつけられていますが、ここはカーゴドアの開閉機構部となります。
 以前はシャフトを使ったスライド機構というのはほとんど見たことがなかったのですが、42043:アロクスのBモデルでもシャフトをリニアアクチュエーターのガイドとして使っていたりしたのでデザイナー側で流行っているのかも?
 

42052-012.jpg 二重反転ローターのキモになる部分です。
 二組のターンテーブル(小)をギヤで接続して互いに逆回転するように組んでいます。
 組む時には写真中、赤矢印の面を合わせるように気を付けた方が良いと思います。そうでないと、あとでローターを取り付けた時にブレードの配置が「*」状にならずに斜めに少しズレたりするのではないかと。適当に組んで後でリカバリーできるかどうかは検証していないのでよくわかりませんが。

42052-013.jpg 切替機構部にローター回転軸、Mモーターなどを取り付けていき動力部を組み付けていきます。

42052-014.jpg 動力部を機体に搭載です。

42052-015.jpg 裏返して電源BOXやウェポンベイカーゴドアを組み付けます。

 ※電源BOXの取付向きを間違えていますw
   インストをよくご確認ください

42052-016.jpg これはローディングランプ(後部ドア)の機構部です。手前側にある黒とグレーのリンクをランプにつなげます。

42052-017.jpg ヘリのテール部です。
 これは裏側から見たところ。左右の方向舵はグレーの軸で連結されているので片方を動かせば反対側も連動して動くようになっています。
 テール下面には昇降舵を操作するレバーがあります。このレバーはリンク(黒くて長いパーツ)を介して昇降舵につながっています。

42052-018.jpg 機体にテールを取り付けました。
 ここから高翼式の翼を取り付ければ飛行機にもなりそうな感じです。

42052-019.jpg ローディングランプを取り付けました。
 小型の車両ならヘリ内へ直接乗り入れることができそうです。

42052-020.jpg 機体先端部を組みます。
 機首の形状がとても良いと思います。これまでのヘリ系では一番かな。
 コクピットには2脚のシートがあります。これまでのテクニックはL字のリフトアームを使ったりしてシートを組んできましたが、今回は1パーツで済ましています。ザクの肩シールドみたいなパーツをひっくり返して使っています。

42052-021.jpg コクピットやその後部のカバー部が取り付けられました。大分、完成に近づいてきました。

42052-022.jpg エンジン部分です。
 パーツ構成はこのような感じ。
 白いパーツはコンクリートミキサー車の回転ドラム部のパーツです。ドラム内に1ポッチ丸プレート等を放り込んで回転させると、中にある仕切をうまい具合に上ってきて外に出てきます。そんなパーツをエンジンのカウルとして使っています。

42052-023.jpg エンジン、車輪を取り付けてボディ側は成です。あとはローターの取り付けが残っています。

42052-024.jpg 一組のローターは3枚のブレードが取り付けられているので120度間隔となっています。その120度はこの様に作っていました。
 6穴ホイール状の部品に6本のピンを立ててL字リフトアームを取り付けています。

42052-025.jpg ローターを取り付けました。
 やっぱり、6枚ブレードはカッコイイですねぇ、惚れ惚れしてしまいます。


Aモデル:完成
42052-026.jpg 最後にコンテナを作って完成です。
 コンテナは2枚の長方形パネルを左右に立てて、間をつないでおしまい、といった簡単なつくりのものです。

42052-027.jpg フロント側からもう一枚。
 こうしてみると各メーカー大型ヘリの、ごった煮的な外観をしているなと感じました。
 Ka-32Mi-26CH-53などなど。


予備パーツ
42052-028.jpg 予備パーツです。
 黒のソフトアクスルが1本予備で付いているのが嬉しいです。


 二重反転ローターの軸部をどのように組んでいるかが気になっておりました。あとは小型化して二重反転プロペラとして飛行機に積めたらいいなぁと思いました。
 機体はリフトアームの使用量が少なく、主構造材はパネル系パーツに代わっていました。機体内部は空間も大きく輸送ヘリにもってこいです。ただ、見映えは良いのですがなんかちょっと物足りない感じがしたりして。


 関連記事
  Aモデル LEGO 42052 A ヘビーリフト ヘリコプター / Heavy Lift Helicopter
  2016.01.19 : LEGO 42052 A レビュー(組立編A)  Here!!
  2016.01.24 : LEGO 42052 A レビュー(可動部編A)
  2016.07.20 : LEGO 42052 A レビュー(機構編A)
  2016.02.05 : LEGO 42052 A レビュー(外観編A)
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。

タグ: LEGOテクニック レビュー1H2016 42052 組立編 ヘリコプター モーター

Comment

勝負は夏

ねこのぽん太さんこんばんは。

どうも、いらっしゃいませ。
寒くて体がうごきませんw
ホットカーペットから剥がれませんw
撮影ができませんwww
がんばりたいですが。

このヘリはあと1年以上は販売されるのであわてなくてもいいですよ。
それよりも夏に出るというUltimate IP Car ですよ!
多分、これはガマン不可能だと思いますので、その他のテクニックは置いときましょう。

こんばんはー

しろちゃいぬさん、こんばんはー
こちらでは初めましてですね(笑
非常に目に良くないものを観てしまいましたが、機構編も楽しみにしております!!
舌の根も乾かぬうちにテクニックへ舞い戻ってしまいそうです(>_<)
非公開コメント