プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

新製品リスト  LEGO全般  LEGO新製品2H2017  レビュー2H2017  LEGOアイデア  21309  スペースクラフト  組立編  LEGO新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品1H2017  LEGOテクニック  テクニック新製品2H2016  概要編  スポーツカー  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ニューマチック  ショベルカー  42053  チラ裏  ヘリコプター  レビュー1H2016  42052  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  レビュー2H2015  クレーン  トラック  42043  ダンプ  LEGO新製品2H2015  レビュー1H2014  42020  LEGOシティ  60092  潜水艦  テクニック新製品2H2015  公式web情報  LEGO-NEWS  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  42039  SUV  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  10242  LEGOクリエイター  レビュー2H2014  乗用車  レビュー1H2011  アーティキュレート  8069  ログハンドラー  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  AWD  リモコン  42030  ホイールローダー  8043  クローラー  トラックローダー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  ロボット  70814  LEGOムービー  四輪駆動車  レビュー2H2011  8110  改造  42025  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  レーストラック  42000  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 42053 A レビュー(組立編A)


LEGO 42053 A VOLVO EW160E / VOLVO EW160E


 42053のAモデル、VOLVO EW160Eの組立編です。
 実在車両名を冠したセットで、ホイール走行式の油圧ショベルをモデル化しています。
 スウェーデンのVOLVO社はトラックの他、建設機械等も得意とするのですね。
 では、さっそく組立に取り掛かりましょう。


42053-001.jpg スクウェアな外寸の箱です。LEGOの箱は出来上がるモデルの大きさのイメージを表しているという噂なのですが、確かにうなずけます。出来上がった車体は立方体的な感じですし。
 それから本セットはVOLVO社のライセンスモノなのでロゴが大きく描かれています。

42053-002.jpg 箱裏です。
 Aモデルの機能紹介とPF電動化、そしてBモデルが描かれています。
 それと今回の箱ですが、蓋の部分に糊付けがありませんでした。テープ切ったら中身ドバーなので気を付けて。店頭陳列品でテープ切れてるヤツは抜き取りなんかによる欠品に要注意かも。


開封
42053-003.jpg 開封です。
 パーツ数は1,166。2016年に発売されるセットの中では5番目。例年なら準フラッグシップ(2~3番目)クラスですよ。
 袋に番号は無いのですが、なぜかニューマチックシリンダの袋にだけ「11」と記されています。理由は不明。

42053-004.jpg インストとステッカー。
 いつも通りステッカー貼らない派なのですが、ロゴ関係は貼った方が断然カッコいいよなぁ。


Aモデル:組立
42053-005.jpg 組立開始です。
 まずはフロントアクスルから。ステア機構を組んでいます。

42053-006.jpg 先ほどのフロントアクスルから後方へ構造を伸ばしていきリヤアクスルと合体させます。シャーシーの基礎が完成です。
 センターの赤いシャフトはフロントステアリング操作用です。車体後方にあるツマミでフロントタイヤの向きを変えます。

42053-007.jpg 上部旋回体用のターンテーブル、リアのアウトリガーなどが取り付けられました。
 

42053-008.jpg さらに部品の取り付けを進めます。
 中央にそびえ立つのはニューマチック用手動ポンプ、今回からの新部品です。黒い棒を下に押すと空気を圧縮、ポンプ内にはバネが仕込んであり押した後は元に戻ります。
 フロントにはドーザーブレードも取り付けられました。
 

42053-009.jpg ニューマチックの切り替えバルブ部です。これら3つのバルブでブーム起伏、アーム屈伸、バケット開閉を操作します。
 ロボ系の方が好きなTバーは予備を含めて4個入っています。インストでは2個となっていますが、使用数は3個で予備1個。

42053-010.jpg 車体に腕部、ニューマチックバルブを取り付けました。アームがついて油圧ショベルっぽくなってまいりました。

42053-011.jpg さて、こちらにもう一つニューマチックポンプが出てまいりました。
 これは電動化時に使用するポンプです。淡灰色のホイールっぽい部品でクランクを作り、モーターとつなげて電動ポンプとなります。
 

42053-012.jpg 先ほどの電動用ポンプは上部旋回体の右側面壁内側に設置されることになります。電動化時には手動ポンプは使わずに、専用の電動用ポンプに切り替えるんですね。
 ポンプが2つ手に入ってお得な感じw

42053-013.jpg 腕部を仕上げていきます。
 バケットを取り付け、ニューマチックの配管をつないでいきます。

42053-014.jpg 運転席周辺に移ります。
 これは運転室昇降用の機構部です。下の方に2×2のプレートのようなものがプラプラしてて何だろう一体?と思っていたのですが、それは電動化の時に判明するのでした(後述)。
 

42053-015.jpg 運転室完成。
 前面は飛散物があっても安心の鉄格子仕様。
 イスはザクの肩シールドみたいなテクニックパネルを裏返しに使っています。座面、背もたれ一体構造です。

42053-016.jpg 運転室を車体に取り付けました。

42053-017.jpg 上部旋回体を仕上げていくのですが、インストにちょっとしたミスが。
 赤丸囲み部なのですが、現物には存在しません。その奥で立ち上がっているパネルの向こう側面についているので、ここには存在しないのです。組立が間違ってるんじゃないかと慌ててしまいますが、心配ありませんw

42053-018.jpg 上部旋回体が仕上がりました。
 リアの曲面が美しい...


Aモデル:完成
42053-019.jpg 旋回体の右側にオレンジ色の手すり、それからタイヤを取り付けて完成です。


予備パーツ
42053-030.jpg 予備パーツはこんな感じでした。
 1ポッチパーツがメインです。


Aモデル:電動化
42053-020.jpg さて、お次は電動化改修です。
 インストにはその手順が記されています。

42053-021.jpg ポンプの電動化に必要なものはMモーターと電池BOXなので、他の電動化セットから持ってきても良いのですが、先日この8293:パワーファンクションモーターセットを手に入れたのでこちらを使ってみましょう。
 このセットを使うと、モーターに加えてLEDライトの取り付けまでできるようになります。

42053-022.jpg バラしに入ります。
 他のセットでは電動化ってそれほど手間かからないのですが、このセットはかなり大掛かりに分解をします。

42053-023.jpg これはMモーターを取り付けたところ。
 赤矢印のところからモーターを押し込みます。モーターを固定するピン、接続軸などはすでに組立工程中に取り付けられているので押し込むだけで完了です。

42053-024.jpg わかりにくいのですが運転席屋根上にLEDライトを取り付けました。1×1クリアプレートで表現されるフェイクのライトがあるのですが、その後方にライトを押し込みます。

42053-025.jpg さて、覚えていますでしょうか運転席昇降機構にあった謎の2×2プレートのことを。赤い矢印部にあるヤツです。

42053-026.jpg ここにはLEDライトユニットの配線を中間で固定するブロックの取り付け部なのでした。
 LEDライトを取り付けなければ使用することもなく、用途も不明のままとなるところでした。

42053-027.jpg 車体下面に電池BOXを取り付けます。
 このBOX自体が構造体の一部となっています。
 電源スイッチにはリミットが取り付けられていて中間位置のOFFと車体前方側のONだけが使えるようになっています。車体後方側には動けないのでONになりません。
 慌てて切ろうとして行き過ぎちゃった!スイッチ切れてない!の防止策だと思っています。


Aモデル:電動化完了
42053-028-02.jpg 電動化改修完了です。
 シャーシー下に電池BOXがあります。わずかに見える緑色のランプがその証。
 運転席屋根上のLEDライトも点灯中。

42053-029.jpg 暗闇でLEDライト、ビカーーー!!
 LEDライト前から欲しかったんだけど、今更PFモーターセット買うのもなぁ...と思ってたところでのAmazon安売りでゲット。
 ホント、買って良かったと思う。


 手動ポンプでのニューマチックは2010年の8049以来6年振り。
 今回は電動化改修の際に手動ポンプの電動化をどのようにするのかと思っていましたが、まさかの2系統搭載でした。
 まったく使わないかもしれないポンプを付けるなんて、ちょっと驚きでしたね。
 あとは、ニューマチックは構造がシンプルになる代わりにギヤが少ないのがちょっと寂しいと思いました。


 関連記事
  Aモデル LEGO 42053 A VOLVO EW160E / VOLVO EW160E
  2016.08.11 : LEGO 42053 A レビュー(組立編A)  Here!!
  2016.08.14 : LEGO 42053 A レビュー(可動部編A)
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。
 

タグ: LEGOテクニック レビュー2H2016 42053 組立編 ニューマチック ショベルカー

Comment

とりあえずVOLVOショベル

> SHUさん
こんにちは。
これは、かなりバラしましたね。小さめのモデルなので電池BOXを内蔵する空間がありません。
そこでシャーシーをばらして、BOXを負荷を受け持つ構造体の一部として組み込んでいます。
PF組み込み前提ならば、最初からそのように組んで手動ポンプを取り付けないというのも良いかと思います。

しかし、この一年あまりレビューしなかったのでLEGOが積み上がってきました...
がんばろうw

ついに来たテクニック2016夏の陣

更新ありがとうございます!
後付PFのモデルはたいてい簡易的に取り付けられるものばかりだったので、かなりバラしてある画像を見るとつい身構えてしまいますね。
私は分解とシール貼りが大の苦手なので(笑)。
もしこれを買う日が来たときは、あらかじめインストを熟読し、始めからPFを組み込む前提で組み立てていこうかと思います。
非公開コメント