プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

スペースクラフト  21309  組立編  LEGOアイデア  レビュー2H2017  新製品リスト  LEGO新製品2H2017  LEGO全般  LEGO新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品1H2017  LEGOテクニック  テクニック新製品2H2016  概要編  スポーツカー  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ニューマチック  ショベルカー  42053  チラ裏  ヘリコプター  レビュー1H2016  42052  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  レビュー2H2015  クレーン  トラック  42043  ダンプ  LEGO新製品2H2015  レビュー1H2014  42020  LEGOシティ  60092  潜水艦  テクニック新製品2H2015  公式web情報  LEGO-NEWS  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  42039  SUV  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  10242  LEGOクリエイター  レビュー2H2014  乗用車  レビュー1H2011  アーティキュレート  8069  ログハンドラー  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  AWD  リモコン  42030  ホイールローダー  8043  クローラー  トラックローダー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  ロボット  70814  LEGOムービー  四輪駆動車  レビュー2H2011  8110  改造  42025  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  レーストラック  42000  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 21309 レビュー(組立編-2)


LEGO 21309 NASA アポロ計画 サターンV / NASA APOLLO SATURN V


 21309、NASA アポロ計画 サターンVの組立編-2です。
 前回(組立編-1)は1段目組立完了までをご紹介しました。
 今回は2、3段目やアポロ宇宙船などを組み立てて完成までの工程となります。


2段目組立
21309-025.jpg サターンVの2段目を組み立てます。
 2段目の直径は1段目となので基本的な構造も1段目と同じです。1/4円筒とプレートを重ねていき、外側に出したブラケットに外壁を貼っていくスタイルです。
 前回の記事で円筒の外側へ出すブラケットは1ポッチで接続されていると記しましたが、そこには1ポッチ穴あき丸プレート(金色)が使われています。こういったところに金色(珍しい色)パーツ混ぜてくれると嬉しいですね。

21309-026.jpg 円筒部を2段分重ねました。
 てっぺんには緑色のシャフト付き1×2プレートが取り付けられています。クリップとかで外壁を取り付けたりするのかな?と思っていたら...

21309-027.jpg 緑のシャフトを赤いブロックのポッチに空いている穴に突っ込んで固定するなんて...
 この赤と黄色で組まれたユニットはポッチ接続なしに本体に組み込まれていくのでした... ちょっと驚きましたね。
 

21309-028.jpg 上の方へパーツを組み付けていきます。この辺は3段目との接続部になります。

21309-029.jpg ここでまた外壁と接続する赤いブラケットの取り付けです。やはり面白い組み方をしていたのでご紹介。

21309-030.jpg  底側に淡灰色のパーツを取り付けて袋7が終了となりました。
 見えない部分にはカラフルなパーツがたくさん使われていますが、色分けをすることでインストで指示されたパーツの取り付け場所が分かりやすくなる効果があるように思います。たくさんの色が使われてる方が組み立てやすいと感じました。

21309-031.jpg  2段目の外装を仕上げていきます。
 赤いブラケットの所にタイルで仕上げた2幅平面の外壁パーツを取り付けます。
 文字部は「UNITED」「STATES」と分割されたプリントタイルです。
 ここで袋8終了です。

21309-032.jpg またもや大量の2×3カーブスロープを使って外壁の曲面部を作ります。

21309-033.jpg 外壁曲面部を貼り付けました。
 一段目と同様に2×3カーブスロープと2幅の平面によって円筒が作り出されています。
 袋9終了です。

21309-034.jpg 円筒の上方に空いている隙間を埋めるパーツです。ヒンジプレートを使って本体側にあるクリップへ取り付けます。
 赤と黄色に色分けされていますが本体側のクリップも同様に色分けされており、取り付け場所を間違えないようにする工夫がされています(実際にはクリップの色までよく見えないけど)。

21309-035.jpg 隙間を埋めたあと上方部の直径を絞っていきます。ここが3段目との接続部になります。

21309-036.jpg 底面にエンジンを5基配置します。
 これで袋10終了、2段目の完成です。

21309-037.jpg  完成済みの1段目と組み合わせます。
 おおお!良い!接合部はヒンジとクリップの組み合わせでつながっているのですが、はめるときのクリック感や剛性は問題ないですね。逆さにしても外れませんよ。


3段目組立
21309-038.jpg 3段目の組立開始です。
 1、2段目はロケットの芯に4×4の1/4円筒を使っていましたが、3段目は細くなるので2×2の円柱ブロックになっています。

21309-039.jpg 外壁の取り付けです。
 3段目の円筒部も1、2段目と同様に曲面と平面の合わせ技で構成されています。曲面部はこれまで同様の2×3カーブスロープで出来ています。平面部はプレート(タイル)4枚重ねの側面を使っています。

21309-040.jpg プレート(タイル)で出来た外壁平面部の取り付けです。ここではボールジョイントを使っています。ベージュの2×2ブロック脇にボールジョイントのボールが見えますね。外壁側には当然ジョイントの受けがついています。
 

21309-041.jpg 外壁平面部が取り付けられました。
 この後、中央部の隙間は2×3カーブスロープで作られた壁で埋められます。

21309-042.jpg 上下をひっくり返しエンジンを取り付けて袋11が終了、3段目の完成です。

21309-043.jpg 1~3段目を重ねました。
 サターンVロケット主要部の完成です。
 この時点で全高約75cm。


アポロ宇宙船組立
21309-044.jpg 最後の袋12です、仕上げに入ります。
 アポロ宇宙船や飾り台を作っていきます。これは機械船と司令船(打ち上げ時状態)ですね。

21309-045.jpg 司令船の上に打ち上げ脱出システムを組み立てていきます。実物は鉄骨タワー状の形をしていますが、それを再現するためにレバーや蛇口などに使われるパーツを重ねていって、ひねります。トラスっぽい構造のできあがり。

21309-046.jpg  機械船にノズル、アダプターを取り付けます。アダプターは機械船とサターンVロケットを接続し、月着陸船の格納庫も兼ねています。

21309-047.jpg 1、2、3段目とアポロ宇宙船が揃いました。


アポロ11号
21309-048.jpg  これまでのすべてを積み重ねます。
 ついにアポロ11号の全貌が現れました!ああ、最高です!とてもデカい...です!
 アオリ気味に撮影するとカッコいいのですが背景が見切れてしまうので叶いません。さすが全高100cm、恐るべしです。

月着陸船
21309-049.jpg まだまだ完成ではありません。
 月着陸船です。
 月へ降りた宇宙飛行士は2名ですが、このセットにはもちろん3名分同梱されています。せっかくですので3名並べました。
 アメリカ国旗はクリアタイルへのプリントです。月面への固定はポッチ間への挟み込み。
 


司令船(帰還着水状態)
21309-050.jpg 司令船の地球帰還状態です。
 青い丸タイルで海を表現しています。オレンジ色の浮輪はカチカチと角度を変えられるヒンジパーツで作られています。


完成
21309-051.jpg 最後に青い飾り台を作って完成です。
 巨大なサターンVロケットを横置きにして、月着陸船と司令船も並べました。横に置いてもデカいものはデカいです。

21309-052.jpg  月着陸船は機械船下の空間に収納することができます。また、司令船とドッキングすることもできるので月着陸ミッションの再現が可能です。


予備パーツ
21309-053.jpg 予備パーツです。
 上段左より、袋1,4,5,7から発生。
 下段左より、袋8,10,11から発生しました。
 上段のクリアオレンジパーツはタイルで、下段のオレンジパーツは丸プレートです。


 とても良いセットでしたね。
 組立はクリップなどを多用し角度を変えながら部品を取り付けて見事な円筒を作り出していました。
 その方法もいくつもあったりしてとても面白かったです。
 ステッカーはゼロで全てプリントパーツというのも私のようなシール嫌い派にとっては非常に嬉しかったですね。
 エンジン部などのディティールも素晴らしいものでした。機械モノが好きな方には間違いなくおススメです。


  関連記事
  LEGO 21309 NASA アポロ計画 サターンV / NASA APOLLO SATURN V
  2017.06.18 : LEGO 21309 レビュー(組立編-1)
  2017.06.19 : LEGO 21309 レビュー(組立編-2)  Here!!
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。

タグ: LEGOアイデア レビュー2H2017 21309 組立編 スペースクラフト

Comment

非公開コメント