FC2ブログ
プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

セール  新製品リスト  LEGO新製品2H2019  LEGO全般  LEGO新製品1H2019  LEGOテクニック  組立編  レビュー1999  スポーツカー  8448  チラ裏  LEGO新製品2H2018  LEGO新製品1H2018  LEGO新製品2H2017  21309  レビュー2H2017  スペースクラフト  LEGOアイデア  LEGO新製品1H2017  テクニック新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品2H2016  概要編  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ショベルカー  42053  ニューマチック  ヘリコプター  42052  レビュー1H2016  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  42043  トラック  レビュー2H2015  クレーン  ダンプ  LEGO新製品2H2015  42020  レビュー1H2014  潜水艦  60092  LEGOシティ  テクニック新製品2H2015  LEGO-NEWS  公式web情報  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  SUV  42039  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  レビュー2H2014  10242  乗用車  LEGOクリエイター  ログハンドラー  レビュー1H2011  8069  アーティキュレート  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  リモコン  AWD  42030  ホイールローダー  8043  トラックローダー  クローラー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  70814  ロボット  LEGOムービー  四輪駆動車  8110  レビュー2H2011  42025  改造  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  42000  レーストラック  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 42000 A レビュー(外観編A)


LEGO 42000 A グランプリレーサー / Grand Prix Racer

 42000のAモデル、グランプリレーサーの外観編です。
 細く長いノーズ、コクピット付近でガバっと幅広になるボディ、四隅でグっと踏ん張る4本のタイヤ。
 フォーミュラマシン独特のダイナミックな造形が魅力です。


Aモデル:外観
LEGO 42000 A 上面 上面。
 フォーミュラカーを理解するには真上から見るのが手っ取り早い。細いノーズ、幅広いサイドポンツーン、露出したタイヤ、長いサスペンションアーム等々。特徴が一目でわかる。
 多くのテクニックモデルは真上から見ると四角形で、撮影してみるとごちゃごちゃした何かのカタマリにしか見えない。
 そんな訳で、あまり真上からの写真は撮らないのだけど、今回は分かりやすい写真がとれて良かった。

LEGO 42000 A 横面 側面。
 高く持ち上げられたノーズやコクピット下部のアンダーフロア部分が良く再現されている。サイドのエアインテーク入口には空気の流れを整える整流板もしっかりと再現。

LEGO 42000 A 斜前方より 前方から。
 今回、一番気に入った写真。 雑誌なんかを見るとわかるがステアリングを切った写真を撮るときはホイール面が見えるようにするのがポイント、というかお約束。
 この写真ではフロントサスアームやハブ周辺の構造がよく見える。

LEGO 42000 A 斜後方より 後方から。
 リアウィングは可変式だ。F-1は「可動式の空力付加物は禁止」と思っていたら最近はDRSという名のシステムとして認可されているのね。おじさん知らなかったよ。

LEGO 42000 A フロントウィング フロントウィング。
 高く上がったフロントノーズと吊り下げ式のフロントウィング。近年の複雑な三次元的構造のウィング形状をパネルパーツを多用して再現。
 この形状のフロントウィングのルーツをたどっていくと1990年代のティレルに行きつくと思うのだが、ついでに「悲しき水中翼船」なんて歌のタイトルも思い出してしまった。

LEGO 42000 A フロントセクション フロントノーズ近辺。
 ドライバーはこの持ち上がった車体の中に足をいれてるんだ...

LEGO 42000 A サイドポンツーン サイドポンツーン。
 内部にはラジエーターが見える。
 カウルの上面は後方に行くにしたがって高さが低くなって空気抵抗を減らし、リアウィングに効率よく空気を導く様になっている。

LEGO 42000 A カウル開 カウルオープン。
 ギア駆動によってリアカウルが前方に開いていく。実物は丸ごと外すようになっているはず。

LEGO 42000 A エンジン エンジン。
 90度V8エンジンがカウル内部に納められている。
 それだけでは寂しかったのか、ホースを使って排気管を演出している。その位置や本数など細かいことは言いっこなしだ。

LEGO 42000 A リアセクション リアサスペンション。
 プッシュロッド式のダブルウィッシュボーンサスだ。
 エンジン後方で横向きになっている部品が衝撃を吸収するショックアブソーバーだ。フォーミュラーカーはサス周辺が露出しているが、少しでも空気抵抗を減らすためにショックアブソーバーを車体内に納めてロッドを介してタイヤの動きを伝える構造となっている。

LEGO 42000 A 後方 真後ろ。
 リアウィングの右側にウィングを動かすロッドがある。このロッドは車体下にあるリニアアクチュエータで動く様になっているが、この辺の構造については機構編にて。


 42000Aモデルは非常にカッコよく見えました。
 動きは少なめでその点では地味なモデルですが、スタイリングとサス等の露出したメカニズムをしっかりと魅せるモデルに仕上がっていると思います。
 作りながら、撮影しながらカッコイイと思った部分が自分の拙い写真で伝われば、と願います。


 関連記事
 A,Bモデル共通
  2013.04.30 : LEGO 42000 レビュー(概要編)

 Aモデル グランプリレーサー / Grand Prix Racer
  2013.03.16 : LEGO 42000 A レビュー(組立編A)
  2013.03.26 : LEGO 42000 A レビュー(可動部編A)
  2013.10.20 : LEGO 42000 A レビュー(機構編A)
  2013.03.30 : LEGO 42000 A レビュー(外観編A)  Here!

 Bモデル レーストラック / Race Truck
  2013.04.28 : LEGO 42000 B レビュー(組立編B)
  2013.05.12 : LEGO 42000 B レビュー(可動部編B)
  2013.12.14 : LEGO 42000 B レビュー(機構編B)
  2013.05.25 : LEGO 42000 B レビュー(外観編B)
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。

タグ: LEGOテクニック レビュー1H2013 42000 外観編 レーシングカー

Comment

非公開コメント