FC2ブログ
プロフィール

しろちゃいぬ

Author:しろちゃいぬ
いらっしゃいませ、しろちゃいぬです。
LEGO TECHNICシリーズを中心とした趣味のモノを紹介したいと思います。


ご案内
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事リスト(更新順)
カテゴリ
タグリスト

セール  新製品リスト  LEGO新製品2H2019  LEGO全般  LEGO新製品1H2019  LEGOテクニック  組立編  レビュー1999  スポーツカー  8448  チラ裏  LEGO新製品2H2018  LEGO新製品1H2018  LEGO新製品2H2017  21309  レビュー2H2017  スペースクラフト  LEGOアイデア  LEGO新製品1H2017  テクニック新製品1H2017  TEC-NEWS  テクニック新製品2H2016  概要編  42056  レビュー2H2016  LEGO新製品2H2016  機構編  可動部編  外観編  ショベルカー  42053  ニューマチック  ヘリコプター  42052  レビュー1H2016  モーター  カタログ  LEGO新製品1H2016  テクニック新製品1H2016  Link_AFOL  42043  トラック  レビュー2H2015  クレーン  ダンプ  LEGO新製品2H2015  42020  レビュー1H2014  潜水艦  60092  LEGOシティ  テクニック新製品2H2015  LEGO-NEWS  公式web情報  42036  バイク  レビュー1H2015  8051  レビュー2H2010  LEGO新製品1H2015  SUV  42039  レーシングカー  テクニック新製品1H2015  LEGOを買おう  資料  レビュー2H2014  10242  乗用車  LEGOクリエイター  ログハンドラー  レビュー1H2011  8069  アーティキュレート  クリックブリック  LEGO新製品2H2014  バックホウローダー  リモコン  AWD  42030  ホイールローダー  8043  トラックローダー  クローラー  LEGOから始まる小話  テクニック新製品2H2014  スノー  42021  70814  ロボット  LEGOムービー  四輪駆動車  8110  レビュー2H2011  42025  改造  ホバークラフト  飛行機  テクニック新製品1H2014  Retiring  42000  レーストラック  レビュー1H2013  レビュー2H2013  42008  レッカー車  42009  荷役機械  AWS  8053  テクニック新製品2H2013  Link_公式  Link_データベース  テクニック新製品1H2013  8068  10231  目次  レビュー2H2012  9398  

最新コメント
リンク
LEGO TECHNIC
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示

LEGO 42000 A レビュー(機構編A)


LEGO 42000 A グランプリレーサー / Grand Prix Racer

 42000のAモデル、グランプリレーサーの機構編です。
 フォーミュラマシンの特徴でもあるむき出しのタイヤ、サスペンション。
 このモデルの魅力の一つである実物同様のサスペンションを中心にみてみますよ。


Aモデル:動力切替部
LEGO 42000A 動力切替部 このモデルの動力切替は2系統です。
 右サイドポンツーンに動力の入力と切替レバーがあります。
 レバーの位置と動く場所は以下。
  前:カウル開閉
  後:リアウィング角度変更

LEGO 42000A 動力系統図(全体) 動力の伝達経路です。
 見やすくするために部品を取り外していますが、どこら辺を写しているかが分かりにくいですね。写真中央付近にエンジンがありました。写真上が車体前方になり、車体右側にある黄色いL字リフトアームが前述の切替レバーです。
 切替レバーを前方に動かすと黄緑色の経路で動力が伝わり、2本のLA(リニアアクチュエータ:小)を動かします。
 レバーを後方に動かすと水色の経路でリアウィングまで動力が伝わっていきます。


Aモデル:リアウィング角度変更
LEGO 42000A 動力系統図(リアウィング) リアウィングの系統を細かくみてみます。
 切替レバーを後ろに動かすと赤いリングが車体右側に動きギヤと噛みあいます。
 その後、動力入力ツマミを回すと車体後方にあるLA(小)まで動力が伝わり、伸縮します。

LEGO 42000A リアウィング起 1が先程のLA(小)の先端部です。
 2~3までは黄線のような形状で一体化して組まれています。回転軸に対して2と3が90度ずれているところがポイントです。
 3~4まではリンクでつながっていて、この上下方向の動きでウィングの角度を変更します。
(写真にマウスポインタを載せるとウィング可動)


Aモデル:カウル開閉
LEGO 42000A 動力系統図(カウル) 次はカウルの開閉です。
 レバーを前方に動かすとリングは左側のギヤと噛みあい黄緑線の経路で動力が伝わります。
 途中で動力は2つに分かれ2本のLA(小)を伸縮させます。この動きでカウルを押し上げ、前方に開きます。

LEGO 42000A カウル用LA 2本のLA(小)はカウルの裏、このような位置に取り付けられています。

LEGO 42000A カウル開 カウルは前方に持ち上がって開きます。
 しかしこれ、開き方が中途半端だから実車だとあんまり作業性は良くなさそうですね。
(写真にマウスポインタを載せるとカウル開閉)


Aモデル:ステアリング
LEGO 42000A フロントノーズ フロントノーズにはステアリング機構が収められています。写真黄緑丸部付近です。

LEGO 42000A フロントノーズ内部 内部を見るために外装、タイヤ等を外したところです。写真左が前方です。
 赤矢印がステアリング操作をするツマミです。動力は2つに分かれています。
 前方は操舵用で緑線左端にあるラックギヤを動かします。
 後方は飾りのステアリングホイール(緑線右端部の黒い部品)用です。

LEGO 42000A ステアリング左 前方から見たところです。
 車体中心部にはラックギヤがあり、ハブとリンクで結ばれています。このリンクを「タイロッド」といいます。
 ラックギヤの左右方向の動きがタイロッドを介してハブに伝わり、タイヤの向きを変えます。
(写真にマウスポインタを載せると直進状態)


Aモデル:フロントサスペンション
LEGO 42000A フロントサスアーム このモデルのサスペンションは前後ともプッシュロッド式のダブルウィッシュボーンです。まずは、フロント側の構造を見てみましょう。
 フロントサスペンション各部の名称です。
  1:アッパーアーム
  2:ロアアーム
  3:プッシュロッド
  4:タイロッド

LEGO 42000A フロントタイヤ-1 タイヤは1,2の上下1組のアームによって支持されていて正面から見ると平行四辺形のリンクを構成しています。
 バンプ等を乗り越えた時にはタイヤはほぼ垂直にストロークし、プッシュロッドは車体側に押し込まれるように動きます。
(写真にマウスポインタを載せるとサス水平)
LEGO 42000A フロントショック縮 プッシュロッドが車体側に押し込まれるとベルクランク(黄色線で示すL字型部品)を介してショックアブソーバーに力が伝わり、収縮します。
 タイヤが受けた垂直方向の衝撃は最終的にはショックアブソーバーが前後方向に縮むという形で減衰していきます。
(写真にマウスポインタを載せるとショック伸)


Aモデル:リアサスペンション
LEGO 42000A リアサスアーム リアサスペンションの構造です。
 基本的な構成は同じですが、タイヤの向きを変える必要はないが駆動力を伝えなくてはいけないところがフロントとは違います。ということで、タイロッドが無くなり、ドライブシャフトが取りつきます。
 各部の名称は次の通りです。
  1:アッパーアーム
  2:ロアアーム
  3:プッシュロッド
  4:ドライブシャフト
 

LEGO 42000A リアショック縮 動作の基本はフロントもリアも同じです。
 プッシュロッドが車体側に押し込まれ、ベルクランクで力の向きを変えてショックで減衰するという流れです。
(写真にマウスポインタを載せるとショック伸)


Aモデル:リアセクション
LEGO 42000A デフギヤ このモデルには走行するための動力はありませんが、エンジンからリアタイヤまでの動力伝達経路が仕込まれています。
 ドライブシャフトはボールジョイント状の結合部を持ちサスペンションの上下動に追随できるようになっています。
 デフギヤも組み込まれているので走行させるための機能は一通りそろっている感じです。

LEGO 42000A リアセクション 動力源を持たないので走行はできませんが、転がし走行をさせるとタイヤの回転に連動してエンジンのピストンが往復運動します。


Aモデル:V8エンジン
LEGO 42000A V8エンジン エンジン部を取り外してみました。
 バンク角90度のV8エンジンです。

LEGO 42000A V8エンジン裏 エンジンの裏側です。
 このようにクランクシャフトが組まれています。フラットプレーンですね。  
 


 ああ、やっぱりこのモデルは何といってもサスが良いですね。
 実車同様の構造、動き。そして薄く長いアームがカッコいい。
 メインの可動部ってのはカウルとリアウィングの方なんでしょうけれどもオマケのようにも感じてしまいます。


 関連記事
 A,Bモデル共通
  2013.04.30 : LEGO 42000 レビュー(概要編)

 Aモデル グランプリレーサー / Grand Prix Racer
  2013.03.16 : LEGO 42000 A レビュー(組立編A)
  2013.03.26 : LEGO 42000 A レビュー(可動部編A)
  2013.10.20 : LEGO 42000 A レビュー(機構編A)  Here!
  2013.03.30 : LEGO 42000 A レビュー(外観編A)

 Bモデル レーストラック / Race Truck
  2013.04.28 : LEGO 42000 B レビュー(組立編B)
  2013.05.12 : LEGO 42000 B レビュー(可動部編B)
  2013.12.14 : LEGO 42000 B レビュー(機構編B)
  2013.05.25 : LEGO 42000 B レビュー(外観編B)
  ------------------------------
  Top Page
  目次


 ブログランキングに登録してます。
 ここよりも面白いブログがよりどりみどり。
 ちょっとのぞいてみませんか。
 Let's go !!
 ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
 にほんブログ村
amazonへのリンクです。


タグ: LEGOテクニック レビュー1H2013 42000 機構編 レーシングカー

Comment

非公開コメント